モンスターカレンダー

« 2011年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

野菜の最近のブログ記事

カリフラワー特性について

土壌水分が少ないと活着が悪いので、降雨を待って定植する。降雨がないときは潅水しながら植える。有機質を多く含む土を好む。PHは6.5を目標とする。


静岡県参考年間施肥量(Kg)
N26  P20  K26  Mg8

 

→カリフラワーの肥料をお探しの方はこちらより

 

肥料工房【豊田有機株式会社】
静岡県袋井市広岡1388-1
TEL:0538-43-9565 

カボチャの特性について

カボチャは、定植から、収穫まで、コンスタントな養分吸収を必要とします。
土壌の適応性は広いが、軽い土壌ほど生育は早まる。根圏が深く、石灰の要求量は高い。湿害には弱く、排水の悪い畑では疫病が発生しやすいので注意する。
PHは5.5~6.5を目標とする。
 

静岡県参考年間施肥量(Kg)
N19  P20  K20  Mg6

 

→カボチャの肥料をお探しの方はこちらより

 

肥料工房【豊田有機株式会社】
静岡県袋井市広岡1388-1
TEL:0538-43-9565 

カブの特性について

土壌適応性は広く、各種の土壌に適応する。排水が良く、適湿を保つ壌土~砂壌土では色沢良好なカブが生産される。土壌酸度に対しても適応性はかなり広い。PHは6.0を目標とする。

 

静岡県参考年間施肥量(Kg)
N15  P10  K10  Mg7

 

→カブの肥料をお探しの方はこちらより

 

肥料工房【豊田有機株式会社】
静岡県袋井市広岡1388-1
TEL:0538-43-9565 

オクラの特性について

オクラは、定植から収穫期に渡って、安定した養分吸収をします。収穫期間が長
いので、肥料切れをさせないために、追肥も重要になります。
また、肥沃な土壌を好む作物なので、良質有機を活用した土作りも重要です。PH
は6.0~6.5を目標とする。

静岡県参考年間施肥量(Kg)
N24  P28  K28  Mg14

 

→オクラの肥料をお探しの方はこちらより

 

肥料工房【豊田有機株式会社】
静岡県袋井市広岡1388-1
TEL:0538-43-9565 

エビイモの特性について

栽培期間は長いが、全期間、肥効を持続させる必要はない。初期の生育を旺盛に
することは大切であるが、後半は徐々に肥効が切れる状態に施肥することが望ま
しい。吸収される成分はカリが最も多く、次いで窒素である。石灰欠乏が連作障害
の一因とされているので、苦土石灰等を使用し、石灰飽和度を高めることが大切
である。土壌水分で生育が左右されるので、干害には十分注意する。PHは6.5を
目標とする。

静岡県参考年間施肥量(Kg)
N27  P24  K22  Mg20

 

→エビイモの肥料をお探しの方はこちらより

 

肥料工房【豊田有機株式会社】
静岡県袋井市広岡1388-1
TEL:0538-43-9565 


 

エダマメの特性について

エダマメ(茶豆などを含む)/露地・ハウス
豆類は、適正な施肥が多収のための大きなポイントとなりますが、初期のリン酸の肥効
が、根粒菌の活動のために重要となります。窒素の過剰な肥効は過繁茂や倒伏などの
原因になります。PHは6.0~6.5を目標とする。

静岡県参考年間施肥量(Kg)
N7  P8  K8  Mg6

 

→エダマメの肥料をお探しの方はこちらより

 

肥料工房【豊田有機株式会社】
静岡県袋井市広岡1388-1
TEL:0538-43-9565 


 

エシャレットの特性について

エシャレット(早出し)
風害、寒害、塩害などの環境抵抗性は強い。肥料の吸収も強いので開墾地や砂丘地のやせ地にも良く出来る。埴壌土や火山灰土での生産力が高く、球も大きいが、粘土質では球が丸くなる。やせ地や乾燥する砂丘地では外観、品質の優れたものが生産される。乾燥に強く、比較的低温に耐えるが、暑さに弱い。PHは6.0~6.5を目標とする。
 

静岡県参考年間施肥量(Kg)
N27  P28  K28  Mg6

 

→エシャレットの肥料をお探しの方はこちらより

 

肥料工房【豊田有機株式会社】
静岡県袋井市広岡1388-1
TEL:0538-43-9565 

インゲンマメの特性について

インゲンマメ/普通栽培
豆類は、適正な施肥が多収のための大きなポイントとなりますが、初期のリン酸の肥効が、根粒菌の活動のために重要となります。窒素の過剰な肥効は過繁茂や倒伏などの原因になります。PHは6.0~6.5を目標とする。
 

静岡県参考年間施肥量(Kg)
N5  P6  K6  Mg11

 

→インゲンマメの肥料をお探しの方はこちらより

 

肥料工房【豊田有機株式会社】
静岡県袋井市広岡1388-1
TEL:0538-43-9565 

小豆の特性について

小豆は酸性に弱い作物であるから、必ず酸性を矯正する。石灰は酸性矯正のみならず根粒菌の着性、繁殖を促進する効果がある。小豆は元来地力の高い土壌に適する作物であるから、有機物の施用は増収効果が高い。施肥は特に燐酸を重視する。生育初期に燐酸が不足すると根粒菌の着性が不良になりやすい。土壌が膨軟であれば初期成育を旺盛にし、根の発達を促すので、整地、砕土を丁寧にする。pHは6.5を目標とする。
 

静岡県参考年間施肥量(Kg) N2 P7 K5 Mg6

 

→小豆の肥料をお探しの方はこちらより

 

肥料工房【豊田有機株式会社】
静岡県袋井市広岡1388-1
TEL:0538-43-9565 

 

 

ブロッコリーの特性について

b.jpg土壌はあまり選ばないが、有機質に富み、保水力があり、排水のよい圃場が適する。固くしまった花蕾を適宜収穫する。pHは6.0を目標とする。

 

静岡県参考年間施肥量(Kg) N24 P19 K24 Mg8 

 

    

→ブロッコリーの肥料をお探しの方はこちらより

 

肥料工房【豊田有機株式会社】
静岡県袋井市広岡1388-1
TEL:0538-43-9565 

 

 

MT42BlogBetaInner

カテゴリ

ウェブページ