有機肥料配合肥料を豊富に取り揃え、肥料のコスト低減こだわり肥料をお求めの方に
静岡県袋井市広岡1388-1
TEL:0538-43-9565

カートを見る 肥料工房TOPミクレアシリーズ>ディレイヤー
戻る
トップページ
■ネット専用肥料
お買得商品 ネット専用肥料
■オリジナル肥料申込み方法
 受注から納品まで 
 配送・代金について
 推奨原料のご紹介
 希望肥料の記入欄
   (見積り依頼)
■作物別肥料
■当社主力肥料
ミクレアシリーズ(超緩効性肥料)
ファーメンシリーズ(発酵熟成肥料)
サステンシリーズ(硫黄コーティング肥料)
ゆたかシリーズ(有機配合肥料)
ハイブレンドシリーズ(粒状配合肥料)
トヨケルプシリーズ(葉面散布剤)
堆肥・土づくり資材・育苗培土類
微生物資材


■ISO9001認証工場
■会社概要
■関連会社
 豊田肥料(株) 
■お問合せ先
根圏溶出型肥料(微生物分解型尿素ポリマー・ミクレア)

ディレイヤー 20kg
購入ご希望の方は
お問合せください
ディレイヤー
特長
環境への負荷を配慮し、超緩効性窒素肥料(ミクレア)を主体に、苦土、微量要素を含有する肥効持続期間の長い高機能性肥料です。従って地力窒素のような肥効を示し肥料切れがありません。
アンモニア態窒素をきらさないことが重要
茶はアンモニア態窒素を大変好みます。アンモニア態窒素を主に吸収すると旨み(アミノ酸)が作られ生育も良くなります。アンモニア態窒素をきらさないためには、ゆっくりジワジワと長期間にわたってアンモニアを放出するディレイヤーが欠かせません。
茶園土壌の微生物の改善もできます
ディレイヤー中の窒素を分解していく微生物は、植物の根の周りに生息している根圏善玉微生物(蛍光性シュードモナス)なので、茶園土壌の微生物相を改善し、しっかりとした根が生育します。根痛みがほとんどないく、根のすぐ近くに施肥することが出来るので、効率よく窒素が補給できます。
使用方法
施肥量:3〜5袋(10a)株元散布
ディレイヤーは一年中いつ施肥しても良いのですが、早春または晩秋の施肥がお勧めです。
N(窒素) P(燐酸) K(カリ)
15% 3% 0%
原料名
メチロール尿素重合肥料・化成肥料・加工りん酸肥料・指定配合肥料[硫酸苦土肥料・硫酸マンガン肥料・ほう酸塩肥料]
『ディレイヤー』のちらし
この肥料についてのお問い合わせ

まとまった数の注文をお考えの場合一度お気軽にお問合せください


根圏溶出型肥料(微生物分解型尿素ポリマー・ミクレア)一覧表に戻る
豊田有機株式会社 「肥料工房」